2012年8月アーカイブ

クレジットカードは、基本的に18歳以上の身分のしっかりしている人しか作ることはできません。

ただ、クレジットカードの種類やランクによっては、20歳以上、ゴールドカードでは25歳や30歳を最低年齢の基準にしているところもあります。

年齢上限についても、カードの種類によっては65歳から70歳程度を目安に制限をかけているところがありますが、エポスカードをはじめ上限については特に制限がないカードもあります。

creca03.jpg
creca03.jpg

そのカード会社では収入がある人であれば、60歳でも70歳の方でもカードを持つことは可能です。ただ、年齢もクレジットカードの審査では大切な「属性」の1つですからね。

しかし、同じ年収・職業でも30歳の人と65歳の人が申し込むのでは条件が異なってきます。

たとえば、年齢が高いことや収入が年金のみであることを理由に、カード会社のほうでクレジットカードの審査を通してくれないという可能性は確かに存在しますからね。

ですが、高齢だからといってカードが作れないわけではありません。年金を受け取っていて、不動産を持っている人であれば信用度が高い人物とみなされカードを持つことは可能です。

ただ、受け取っている年金の額が少ないようであれば審査には通りにくいと考えたほうがいいかもしれません。やはり、収入がある若いうちにカードを1枚作っておくのが一番です。

毎月一定の収入がある若いうちにクレジットカードを作って利用することにより、クレヒスは積み上げられますからね。そうすれば、よりランクの高い上位カードを持ちやすくなりますよ。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。